Posted 2 days ago

報道では草稿だから問題点があり、提出予定であった完成版には問題点がないように報じられているけど、実際には著作権侵害行為かつ創作者誤認惹起行為に当たる問題点は残っている。以下は、著作権侵害行為かつ創作者誤認惹起行為に当たる問題点と、草稿と完成版でそれらが残っているかどうかを表にまとめたもの。ネットでみんなの度肝を抜いたNIHのWebサイトからのコピペは完成版でも残っている。

問題個所 内容 草稿 完成版
NIHからの20ページにわたるコピペ(これの問題1 あり あり
NIHのWebページからの画像転載(これの問題1 あり あり
ここからの図の流用(これの問題1 あり あり
博士論文2章Referenceがコピペ(これの問題2 あり なし
ここここから画像転載。(これの問題3 あり なし
博士論文3章Referenceがコピペ(これの問題2 あり なし
博士論文4章Referenceがコピペ(これの問題2 あり なし
ここから画像転載(これの問題4 あり あり
博士論文5章Referenceがコピペ(これの問題2 あり なし

これらの他にも、意味不明な記載(本文中に説明のない画像。問題点10、11)、論旨が不明瞭な記載と言える箇所(誤字や説明が足りない。問題点12~16)、博士論文の元となったTissue誌掲載論文と整合性のとれない画像の利用(問題点17~21)、論文の形式上の不備がある箇所(説明すべき諸条件の記載がない。申請した特許の詳細情報がない。動物実験に関する手続きの記載がない。問題点22~24)などがある。

Posted 2 days ago

指導教員及び取捨の指摘に従って、必要な修正をすること

  1. ~省略~
  2. 審査分科会及び研究科運営委員会においては、主査および副査による修正の過程が適正になされることが前提とされており、審査分科会審査においては、博士論文の内容についての詳細な検討は行われない。
  3. 小保方氏の場合でも、このような本来あるべき審査がきちんとおこなわれていれば、上記II.1で検討した問題箇所はすべて解消され、その結果、博士論文は合格し、正しく博士の学位が授与されていた蓋然性が高い。(色強調はnext49)
Posted 2 days ago

学位授与及び博士論文合格決定過程において、査読付き欧文学術雑誌に論文が掲載された(掲載予定である)ことが重視されること

  1. 平成22年度当時の本研究科・本専攻においては、博士学位授与の要件のうち、書く研究科の定めた所定の単位の修得について、「研究業績を示すに足りる学術論文または他の種の学術業績」が要件として求めており(学位審査についての申し合わせ2(II))、具体的には課程内博士については、審査分科会当日までに査読付き欧文学術雑誌に主たる論文が一報掲載又は掲載可になっていることが要件とされていた(平成22年当時の生命医科学専攻・博士学位取得の要件)。
  2. 科学の分野における論文は、実験の結果とその分析を主たる内容とする。論文の作成者は、実験内容を論文に記載し、その論文が審査され、査読付き学術雑誌に掲載される。そのため、実験の内容もまた、学術雑誌における査読の対象となり、学術雑誌がその掲載を受理したことは、査読者が上記一連の実験の実在性に疑問を持たなかったことを示している。
  3. 科学の分野においては、論文の作成力も重要であるが、それ以上に、論文の基礎となった実験の科学的価値が重視される。早稲田大学における博士論文の審査において、査読付き欧文学術雑誌い主たる論文が一報掲載又は掲載可となっていることを学位授与の要件としているのは、博士論文の科学的な価値の評価を、第三者というべき査読付き欧文学術雑誌による評価に委ねていることを示している。(色強調はnext49)
  4. 大学によっては、査読付きの学術雑誌に掲載された論文を纏め、善処を付けるという形式の博士論文をも認めている。本専攻では、この方式を原則として認めていないが、本専攻が許容した場合には、そのような方式による博士論文の作成をみとめている。
  5. 以上のとおり、本研究科の学位授与及び博士論文合格決定過程においては、査読付き法文学術雑誌に論文が掲載された(掲載予定である)ことが非常に重視されていた。
Posted 3 days ago
僕「論文がなくても博士号を取れたり会社に就職できたり偉くなれたりするもんなんですか?」
教授「なれるよ」
僕「即答ですか・・・?」
教授「ああ、そんな質問、グデングデンに酔っぱらっていても考えるまでもなく答えられる。博士号なんてのは、そこの学部が授与すると言ったら、そいつがアホでもバカでも実験ノートの書き方がわからなくても博士論文の大半がコピペでも博士になれるんだ」
僕「・・・。でも、博士号には論文は何報必要とかってルールがあるって聞きましたけど」
教授「論文がなくても、今準備してます、すぐ投稿します、でも共著はあるんです、みたいに言えば、文句は言われない。俺はこの業界に長くいるが、博士審査のときに投稿準備中だった論文が結局どこの雑誌にも掲載されなかったとしても、それが理由で後に博士号を剥奪されたという話は聞かない」
僕「とすれば、博士号は一回授与されてしまえば、半永久的に所持できると?」
教授「そうなる。その博士論文に余程の酷いことがないかぎり取り消されないね」
僕「捏造とかは?」
教授「普通の、と言ってはおかしいが、世間で騒がれないレベルの捏造発覚くらいなら博士号は剥奪されないだろう」
Posted 4 days ago
早稲田大学では、査読付きのジャーナルに受理されているということが学位授与に非常に大きな影響を与えている。それが受理されていれば、あとは指導教員が論文を丁寧に指導すれば、ほとんど学位がとれるということが実態になっている。 今回、小保方さんは査読付きのジャーナルに受理された論文を持っており、それに基づいて博士論文を書いている。そういう状況下で、学位の授与に重大な影響を与えたかを検討した。 最終的には、学位の授与に一定程度の影響を与えたという事実はあるけれど、重要な影響を与えるとまではいかない、科学の論文なので、実験結果の部分で盗用がない以上、重要な影響とまでは言えないという結論になった。 このような議論の末、今回の場合、不正の方法により、学位授与の取り消しにはあたらないという結論に至った
Posted 4 days ago
あと、研究(実際は創造性が高い行為はすべて)は、試行錯誤が避けられないし、人間であるかぎり誤認や過失が必ずあるので、終わった時点から振り返って失敗した・間違っていたら「不正である」とされてしまうと試行錯誤ができなくなる(確実にできることだけやろうとしてします)。だから、明示的な規則としてはどうしても不正に対して緩い規則にせざる得ない。今回のSTAP細胞問題は全部この部分をつかれている。やっぱり、過失と不正の間にもう一段階が必要という以下のエントリーの提案にとても賛成。
Posted 4 days ago
妻が最も嫌いな家事が献立を考える事だそうです。
「今日の晩御飯何が良い?」と聞かれたら私は本当に今日食べたいものを答えていました。「刺身とステーキかなー。」
すると不機嫌になる妻。
ある時なぜなのか掘り下げて理由を聞いてみると、その理由がわかりました。
妻が「今日の晩御飯何が良い?」という言葉の中には多くの意味が含まれていたのです。 1、私の作れるレシピの中で、
2、あまり高価な食材でないもので、
3、夕食の時間から逆算して調理が間に合うもので、
4、子供が食べられるもので、(NEW!出産後に追加) 「今日の晩御飯何が良い?」 だったのです。 妻は私がそのくらい解っていると思っていたようですが、私は全く解っていませんでした。私たちのようにこのような細かな認識の違いをすり合わせていない夫婦は多いような気がします。
Posted 4 days ago
さすがにお米を洗剤で洗うような事はしませんでしたが、塩胡椒少々、少々って何グラム?とか適量ってどういうこと?という感じでした。妻の横で使い終わった調理器具を洗う、焦げ付かないように鍋を振る、かき混ぜる、味見係、食後の後片付けなどから始めました。
Posted 4 days ago
これは定番だと思いますが、男が最も簡単に取り組める家事は、力仕事と高所作業です。
まずは仕事の新人研修同様に、妻の横につき妻のやり方を見学することから始めました。
買い物に行ったら妻が買ったものを袋に詰めていくのを毎日見て、重い袋を持つ。
定番の電球を替える。でも電球を替えるなんて滅多にありません。掃除をする時はまずは高い場所の掃除を引き受ける。妻の掃除のやり方をある程度把握したら掃除する範囲を広げていく。
そんな感じでした。
Posted 4 days ago
次に、平たんな土地でなくてもメガソーラーを構築できることである。ロボットが走行するレールは、最大5%の傾斜まで対応が可能である。山岳地帯の多い日本でも設置可能な土地は多い。最後に、台風が多い日本に対応したフラットポジションを用意した点である。風の抵抗を極力抑えるために、地面に平行にパネルを持っていくことで台風への耐久性を上げている。ただし、フラットポジションでどこまで台風に耐えられるのか。実地試験が必要だろう。  一方で日本に導入した場合、土地の価格が高い点が問題になる可能性がある。QBotixのシステムはパネルを動かすため、通常より隣のパネルとの距離を広くする必要がある。同じ枚数のパネルを敷き詰める場合、固定型に対して約1.56倍の土地が必要になる。  土地価格の安い米国であれば、発電量の増加分で十分に採算が取れるが、土地の価格が高い日本の場合、土地価格の上昇分を発電量の増加で補えない可能性がある。どこでもコスト優位性が出せるとは限らないのである。
Posted 4 days ago
(via 主役はロボット 発電量37%増の太陽追尾型ソーラー  :日本経済新聞)


ロボットには、GPS(全地球測位システム)が組み込まれていて、時間と位置から太陽の方向を計算して、天候に関わらずパネルの向きを変える。ただし、台風の時は風の抵抗を減らすために水平に、雪の日は積もらないように急傾斜にするようインターネット経由でロボットに指示できる。信頼性を高めるため、1つのシステムでロボットが2台稼働し、交代で巡回してパネルを調整する。

 ロボットはパネルの向きを調整しているだけではなく、パネルの発電量、パネルが受けている風の力など、各パネルの情報も収集している。ロボットは、無線でインターネットに接続し、クラウド上にデータを保存する。ロボットが人の代わりに巡回するので、メンテナンス費用を抑えることができる。

 また、発電量のデータからパネルの故障が分かるので、早期に故障を発見しロスを最小限に食い止めることができる利点もある。

(via 主役はロボット 発電量37%増の太陽追尾型ソーラー  :日本経済新聞)


ロボットには、GPS(全地球測位システム)が組み込まれていて、時間と位置から太陽の方向を計算して、天候に関わらずパネルの向きを変える。ただし、台風の時は風の抵抗を減らすために水平に、雪の日は積もらないように急傾斜にするようインターネット経由でロボットに指示できる。信頼性を高めるため、1つのシステムでロボットが2台稼働し、交代で巡回してパネルを調整する。

 ロボットはパネルの向きを調整しているだけではなく、パネルの発電量、パネルが受けている風の力など、各パネルの情報も収集している。ロボットは、無線でインターネットに接続し、クラウド上にデータを保存する。ロボットが人の代わりに巡回するので、メンテナンス費用を抑えることができる。

 また、発電量のデータからパネルの故障が分かるので、早期に故障を発見しロスを最小限に食い止めることができる利点もある。

Posted 4 days ago
(via 主役はロボット 発電量37%増の太陽追尾型ソーラー  :日本経済新聞)


この太陽光追尾システムは、2010年に設立された米国のベンチャー企業QBotixが開発したもので、ロボットがレールに沿って走り、各架台の軸を横方向と縦方向に調整して太陽の方向に向かせる(図1、図2)。40分ごとにロボットがレールを1周し、すべてのパネルの方向を調整する。1つのシステムで200架台まで対応可能。架台には5~6枚のパネルを設置できる。

(via 主役はロボット 発電量37%増の太陽追尾型ソーラー  :日本経済新聞)

この太陽光追尾システムは、2010年に設立された米国のベンチャー企業QBotixが開発したもので、ロボットがレールに沿って走り、各架台の軸を横方向と縦方向に調整して太陽の方向に向かせる(図1、図2)。40分ごとにロボットがレールを1周し、すべてのパネルの方向を調整する。1つのシステムで200架台まで対応可能。架台には5~6枚のパネルを設置できる。

Posted 4 days ago
東工大の松岡聡教授は、取材(『WIRED』VOL. 3 「FALL OF THE RISING SUN 憂国のスーパーコンピューター」)の最後にこう言った。「日本のメーカーは、典型的なイノヴェイターズ ジレンマに陥っている。既存の顧客を大事にし、顧客が求める以上にハイエンドな製品を作るという“経営的に正しいこと”をし続けた結果、ビジネスモデルが硬直化してしまった。それではITの他分野・他業種と相互レヴァレッジをしようという発想が生まれにくいし、ましてや人材流動性の高いアメリカのIT業界のスピードについていけるはずがない」。
Posted 4 days ago
Posted 4 days ago
「私を応援してくれる声もありましたが、多くは私を非難するものでした。衝撃的だったのは、そのほとんどすべてが女性から発信されたということです。大人の女性が、授乳に対して侮蔑的な視線を向け、見下していることを心から恐ろしく思います。女性に胸があり、それを使うのは自然なことなのでは」とワイクスは言う。
スタバ店内で授乳した母親に中年女性が激怒! その時店員は…… (女性自身) - Yahoo!ニュース
記事にはこんなことが書かれてましたが、男性はどんな生き方をしようと授乳することはありませんから、他人事です。せいぜい目のやり場に困る程度の話だと思います。でも女性からすると授乳する母親は自分と同じ人間、同じ性別ですからね。その自分と同じカテゴリに属する人間が授乳というケモノを感じさせる行為を行うことへの嫌悪感があるのではないか。そして母乳を飲む乳児もケモノそのものです。だから女性からの非難が多かったのではないかと推測しました。 まあこれはあくまで私の推測なので、異論反論はあろうかと思います。ただ、私が幼い頃は公共の場で授乳してる人がありふれていたのを思い起こすと、当たらずといえども遠からずなのでは…と感じてます。